つめるときに注意|いろんな古書を専門業者にすべて買い取りしてもらおう

つめるときに注意

古書

古書の買い取りといったら現在はよく「オンライン古書店」が利用されていたりもします。
オンライン古書店というのはネット上のみで買い取りを受け付けているお店になります。
このようなオンライン古書店を利用する場合は、わざわざ自分の足でお店まで行ったりする必要もないので気軽に古書を売ることができるでしょう。
では時間がなくて古本屋などにいけないという人のために、オンライン古書店を利用する際のおおまかなフローを紹介していきたいと思います。

まずは気になるオンライン古書店のサイトをみつけましょう。
ネットで調べてみると結構色々なサイトが出てきます。
そしたら今度は買い取りの申し込みをさっそくしてみてください。
サイト内によっては買い取りするための古書数が決まっている場合があります。
たとえば5点以上で買い取りしてくれるなど、いろんな条件がそれぞれにあるので必ず確認しておきましょう。
あとは買取り申し込みボタンを押してそのまま必要事項を記入していくだけです。

そしてここからはいよいよ古書をダンボールにつめる作業をしていきます。
ただしここでは十分に本のつめ方に注意していかなければいけません。
というのも、どのようにしてダンボールに古書を入れるのかによって最終的に買い取り金額にも変化が出る可能性があります。
特にオンライン古書店を利用する場合は人にそのダンボールを運んでもらうわけなので、業者の手元に古書が届く頃には本の状態が悪化している可能性もあったりします。角がちょっと折れていたりなんかするとそれだけでも値段は下がるので注意してつめましょう。

AAAA